座椅子は低反発のリクライニング機能がオススメ

座椅子はできれば疲れないものが良いという方、低反発のものはいかがでしょう?
背中が大きいものでリクライニング機能がついていることで、すわり心地は最高です。

低反発の魅力


低反発と聞くと、マットレスやクッションを思い浮かべますが、最近は座椅子のクッションとして魅力があります。
静かに、自分の体重を包み込む低反発は、座椅子に座って時に、まさにおしりにフィットします。
そして、リクライニングで背中をつけた時にも、まるでマットレスの感触を味わうことができます。
低反発は、自分の体重を受け止めつつ、クッションの沈みが最低限度になることから、固くて柔らかいという印象が魅力です。

弾力性が魅力


低反発の弾力は、弾かれるような膨らみがない分、フワフワ感と言うよりは、ジックリ感が心地良いとされています。
ゆっくりと沈むことから、へたりの心配もありますが、しっかりと元に戻り、長い間その硬さを保ってくれます。
リラックスタイムに、まるで座椅子に抱かれているような感じをアドワ得るのも、低反発の弾力のおかげ。
体がすっと楽になるのがわかります。
細かなリクライニングがあるものを選ぶと、ベストポジションを探すことができ、快適に過ごすことができます。

すわり心地を追求


低反発の座椅子は、座った時の硬さが良いです。
固いと感じる方もいらっしゃいますが、きちんと自分の体重を全面的に支えてくれます。
それが、長い間座っていたとしても、疲れないようになっています。
ゆったりとしたい方は肘つきを、身重が高い方にはロングタイプのものがオススメ。
リクライニング部分も全面低反発で、快適です。